トップ リサイクルショップナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




リサイクルショップナビリサイクルの種類 > サーマル リサイクル
【ブランド買取専門 Brandear】 Brandear

サーマル リサイクル

サーマル リサイクルの画像

サーマルリサイクルとは、ゴミを燃やす際に発生する熱エネルギーを回収して、利用することです。ゴミをただ燃やすだけでは二酸化炭素を発生させるだけですし、燃やすことのできないゴミは、埋立地に埋めるだけになります。埋立地に埋めたゴミは(特にプラスティック製品)は地球に帰ることはありません。埋立地がいくらあっても足りなくなってしまうのです。

日本では、まずリデュース→リユース→マテリアルリサイクルを行われます。それでも処分できないゴミはサーマルリサイクルされるのです。特にプラスティック製品は、色々なものにリサイクルされたりしています。それでも、廃プラスティクは発生してしまいます。その廃プラスティックは、もともと純石油製品ですので、石油や石炭と同じぐらいの発熱量を持っています。この発熱したエネルギーを回収して利用するのです。

サーマルリサイクルは、欧米で行われていました。しかし、欧米ではリサイクルではないという考えがあり、「サーマルリサイクル」ではなく、「サーマルリカバリー」と言われています。

日本では、サーマルリサイクルをして発生した熱エネルギーは、温水の熱源とされたり、冷暖房のエネルギーとして利用されたりしています。また、火力発電所で利用されたりしています。

サーマルリサイクルすることにより、少なからずとも二酸化炭素は発生し、地球温暖化の問題に引っかかってきます。しかし、その分、埋立地を利用することが減り、埋立地から発生するメタンガスを削減することができるのです。サーマルリサイクルで発生した熱エネルギーは、新エネルギーとして注目すべきではないでしょうか。


スポンサードリンク
リサイクルショップナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。