トップ リサイクルショップナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




リサイクルショップナビリサイクルされるもの > ビンのリサイクル
【ブランド買取専門 Brandear】 Brandear

ビンのリサイクル

ビンのリサイクルの画像

昔からリサイクルされているのにビンもあります。昔は、酒の一升ビン、ビール瓶などを酒屋が回収して、リサイクルしていました。近年では、地方自治体、自治会、子供会などによって回収されて、リサイクル、リデュース、リユースされているのです。

ビンの歴史は古く紀元前からつくられていたとも言われています。そして、ビンを作る原料はけい砂、石灰石、ソーダ灰、ビンを砕いてつくるカレットなどでの天然素材でつくられています。ビンは、密封性が高く、食品を長持ちさせたり、中身が見えるので安心できるなどの利点がある容器です。

ペットボトルや、缶のように軽くなく、重く割れやすいという難点もありますが、近年は重さが軽くなっていたり、割れにくいビンも開発されています。このように軽くすることは、原料の削減になったり、輸送効率がよくなったりと利点がたくさんあります。

回収されたビンは、粉砕されてカレットに加工されます。そして、新たにビンを作るときにカレットとして利用されます。また、繰り返しつかわれるビンもあります。宅配牛乳や生協のように回収して、また使用するのです。

ビンをゴミをして出すとき、キャップを取りましょう。キャップ部分は、分別できるように外しやすくなっています。そして、中身を洗います。食品が残っているとリサイクルのときに不衛生になってしまうからです。そして、地方自治体などの回収方法に基づいて出しましょう。ビンに、陶磁器や薬の瓶、ガラス食器、耐熱ガラスなどは混ぜないように出しましょう。


スポンサードリンク
リサイクルショップナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。