トップ リサイクルショップナビについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




リサイクルショップナビリサイクルされるもの > 紙のリサイクル
【ブランド買取専門 Brandear】 Brandear

紙のリサイクル

紙のリサイクルの画像

紙は昔から回収され、リサイクルされている代表のものです。回収される紙は、新聞・広告、雑誌、コピー用紙、お菓子などの箱、牛乳パックなど色々な種類があります。

市区町村や、子供会、町内会、ちり紙交換などで回収された紙のゴミは、集められて古紙問屋に集まります。そして、選別・圧縮されてから、製紙工場に運ばれて、新たな商品に生まれ変わります。古紙はリサイクルが世間で注目をあびるようになった2000年ぐらいから、回収率がとても上がっています。現在は、古紙の利用率よりも回収率の方が高い比率になっているのです。

回収された古新聞は新聞に、段ボールは段ボールに生まれ変わります。雑誌は段ボールや絵本に、新聞紙は新聞紙や雑誌に、紙パックなどは、トイレットペーパーや紙などに作りかえられています。牛乳パックはリサイクルでは作ることができない紙ですので、質のいい古紙として扱われているそうです。

古紙を収集に出すとき、注意しなければいけないことがいくつかあります。まず、シュレッダーされた紙は再生できません。またラミネートされたもの、レシートなどの感熱紙、セロハン・セロハンがついた封筒、写真などもリサイクルには向いていません。混入してしまうとリサイクルに問題が起きてしまうので、収集してもらう際は気をつけましょう。

新聞、雑誌、段ボールなどはまとめて出すと思いますが、この際、できれば紙ひもでまとめるようにしましょう。ガムテープなどで止めてしまうとリサイクルできなくなってしまいます。


スポンサードリンク
リサイクルショップナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。